ご 挨 拶
                                                                                                  中国支部

                                                                                                   理事長      香畠 譲

  2019年末より世界中を不安に陥れた新型コロナウイルスの猛威は、2021年に入ってもなお収束する様子を見せず、中国支部内においても、広島県・岡山県に緊急事態宣言が発出されるなど緊張感をもって生活される中、日々奮闘されておられる医療関係者のみなさまをはじめとする多くの方々に、まずもって感謝の意を表したいと思います。

 また、昨年度の第37回マーチングバンド中国大会は、苦渋の決断ではありましたが、ビデオ審査会という形で行いました。これまでとは違う形態ではありますが、開催まで漕ぎ着けることができましたことは、出演団体関係者の皆様の並々ならぬご努力と、活動を支えていただきました多くの皆様のご支援の賜物です。あらためまして心より感謝申し上げます。

 さて、2020東京オリンピック・パラリンピックは1年延長の末、今年7月の開催に向け急ピッチで準備が進んでいるようです。本協会の12月全国大会も実演実施の方向で検討されております。それに向け、中国支部も各県大会から支部大会への準備を着々と進めてまいります。

その為には、昨年度の経験を生かし、様々な変化に対応できるよう準備を進めていかなくてはなりませんが、出演団体の皆様におかれましても、無理のない計画と十分な対策を講じていただき、関係者の皆様の健康と安心を保証した上での活動をお願いいたします。